このウェブサイトのすべての機能をご利用いただくためには、ブラウザの設定によりJavaScript機能を有効にする必要があります。
お使いのブラウザでJavaScriptを有効にする方法 " をご確認いただき、JavaScriptを有効に設定してからご覧ください。

SDGSへの取り組み

SDGS

SDGSへの取り組み

SDGSへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

  • 私たちが地球にできること

    敷島印刷は、水なし印刷を通じて「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成を目指します。

  • 水なし印刷で環境負荷を低減

    刷版の版材がシリコン層(インキをはじく特性)の水なし印刷は、有害な湿し水を使うことなく印刷が可能です。版の現像工程も、水現像方式なので廃液を大幅削減。

  • カーボンニュートラルに貢献しています

    水なし印刷によるVOC(揮発性有機化合物)削減とカーボン・オフセットによる二酸化炭素排出量の削減(相殺)によって、印刷物を製造する際に発生するCO2を実質ゼロにする地球にやさしい取り組みです。

    ◆カーボンオフセットとは
    カーボンオフセットは、企業や個人などが削減しようと努力をしてもどうしてもできない排出分の全部または一部を別のところで埋め合わせすることです。他の企業や自治体などが削減したCO2の吸収量(クレジット)の購入、または植林や森林保護といった活動を指し、そうして自らの排出量を相殺するのがカーボン・オフセットです。この取り組みは、環境省・農林水産省・経済産業省など国が認証する制度となります。

toggle navigation