このウェブサイトのすべての機能をご利用いただくためには、ブラウザの設定によりJavaScript機能を有効にする必要があります。
お使いのブラウザでJavaScriptを有効にする方法 " をご確認いただき、JavaScriptを有効に設定してからご覧ください。

完全データ入稿のご案内

DATA

対応データ

対応データ
  • ※その他アプリケーションでの入稿は事前にご相談ください。
  • ※対応アプリケーションでも、検証が必要になる場合がございます。

データ作成時の注意点

データ入稿は「完全データ」が基本となっております。入稿データに不備がある場合は再入稿となり、納期のズレが生じる場合もありますのでデータの最終確認を必ず行ってください。また、ゆとりを持った入稿をお願い致します。

完全データでの入稿

1.データは必ず原寸サイズで制作してください。

当社のフォーマットを利用しない場合は、ご希望する用紙と同じ寸法で線なし・塗りなしのボックスを作成し、フィルタ→クリエイト→トリムマークを選択します。(トンボの罫線の太さは0.3ptにしてください)

2.カラーモードは必ずCMYKカラー(プロセスカラー)で制作してください。

RGBモード・特色・スポットカラーで制作されますと、正しく色が出力されなかったり異なった色となる場合がありますので、必ずCMYKカラーで制作してください。

3.文字は全てアウトライン化してください。

基本的にアウトライン化されていないデータはお受け出来ません。 未処理の場合、フォント環境等の違いにより正しく再現されません。 文字のロック・非表示の解除を忘れずにアウトライン化を行ってください。

4.罫線は「線」に着色し、「塗り」は無しにしてください。

罫線が「塗り」のみに指示がある場合、画面では表示されますが、印刷では反映されずトラブルの原因になります。 必ず「線」に着色してください。(線幅は0.2pt以上)

5.全色での100%ベタは使用しないでください。

CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)全色での100%ベタは使用しないでください。 全色100%ベタ使用は、印刷上裏写りやトラブルの原因となりますので、広範囲の塗りや文字への使用は避けてください。

6.配置画像のリンク。

配置画像はリンクで配置し、必ず入稿データに添付してください。 ※画像のラスタライズ(埋め込み)はしないでください。

7.化粧裁ちにおける塗り足し(ドブ)と仕上がりサイズに注意してください。

「化粧裁ち」仕様での印刷の場合、仕上がりサイズ(内トンボ)に接する色や画像は、3ミリの塗り足し(外トンボ)処理をしてください。塗り足しがされていないと、断裁がズレた場合白く余白が出てしまいます。 また、文字などのデザイン要素は意図的でない限り、最低でも仕上がりサイズより3ミリ内側に配置してください。断裁がズレた場合、文字などが切れてしまうのを防ぐためです。

マイクロソフト社Officeソフトについて

1.データのバックアップを必ず行ってください。

最新の状態になるように Microsoft Update や Office Update で Microsoft Office を最新の状態にしてください。バグやセキュリティなどが修正されている可能性があります。

2.プロポーショナルフォントはなるべく使用しないでください。

プロポーショナルフォントはなるべく使用しないでください。体裁崩れの原因となります。
(例えば、MSP明朝、MSPゴシックなど「P」のつく書体など)
また、作字などの外字を使用された場合は、必ずその箇所をご連絡ください。

3.再現に厳しい入稿の場合はCMYKで作成できるソフトで制作することをお勧めいたします。

Microsoft Word、Excel、PowerPointや一太郎等のビジネスソフトは、色がRGBになっています。これを印刷用に出力時CMYKに変換するため、画面の色と印刷の色が変化してしまいます。色再現に厳しい入稿の場合はCMYKで作成できるソフトで制作することをお勧めいたします。

その他の注意点

問題点を発見した場合はご連絡いたします。お客様側で修正の上、再入稿してください。 再入稿となった場合、納期が当初想定より遅くなりますのであらかじめご了承ください。 印刷データとして問題ない状態であることが確認できましたら「データ確定」となります。 データ確定時に納期も確定しますので、メールにてご連絡いたします。

その他の注意点

1.データのバックアップを必ず行ってください。

お預かりしたデータは慎重に取り扱い致しますが、万が一、データ破損が起きた場合の責任は負いかねますのでご了承ください。

※入稿データの元となるデータはアウトライン化しないでください。データをアウトライン化した後、データを保存し閉じてしまうと元に戻せません。アウトライン化したデータは名前を変えるなどして保存してください。

2.不要なデータは添付しないでください。

入稿データの中には出力に関係のない不要なデータは入れないでください。

3.データの圧縮に関して。

「DropStuff」や「DropZip」等、これら圧縮ソフトを使用することでデータ容量を小さくすることができます。メディア(MOディスク、CD-R/W、DVD-R/W)へのコピーが可能となったり、メールやストレージサービスといったWeb入稿時の時間短縮にもなります。

※特にWeb入稿では圧縮ファイルにすることで送信時のファイル破損の確率を抑えることができます。

4.無料ストレージサービスによる入稿。

▪Giga File便…容量無制限(1ファイル200GB)まで送信可能です。
https://gigafile.nu/

▪firestorage…最大2GBまで送信可能です。
https://firestorage.jp/

完全データご支給のお客様へ

完全データのご入稿に関しまして、以下の点についてはチェックを行いません。印刷後に不具合が生じましても保証致しかねますので予めご了承ください。

  • デザインに関して
  • 誤字、脱字のチェック
  • 画像の解像度
  • 画像のカラーモード
  • パスの解像度
  • オーバープリントの設定
  • 塗りと線の設定

toggle navigation